Umekiki
Umekiki
GRAND FRONT

Copyright (C) GRAND FRONT OSAKA. All Rights Reserved

  • TOP
  • chevron-right
  • Column

1日に約1個の卵を産む鶏の、メカニズム

  • 食べ方

●卵ができるまでの物語

1、7~12日間

卵巣のなかでいくつもの卵黄(卵子)がゆっくり成長

 

2、15〜25分間
大きくなった卵黄が排卵される

 

3、3〜3.5時間
卵黄のまわりに卵白がついていく

 

4、1.25〜1.5時間
卵黄、卵白のまわりに卵殻膜ができる

 

5、18〜22時間
卵殻ができ固くなっていく

 

6、卵が産まれる

 

1日に約1個の卵を産む鶏
雌鶏が卵を産み始めるのは生後6ヵ月くらいから。その時点では小さな卵を産む。成長するごとに立派な卵を産むようになり、24〜26ヵ月くらいまで良い状態の卵を産み続ける。一生涯で産む卵の数は平均350個くらいなのだとか。受精することなく卵(無精卵)を産むことができる鶏だが、産んだ後に卵をそばに置いておくと雛をかえそうと卵を温めだす。そうなると約3週間は卵を産まなくなるという。